記事詳細

ビットコイン、先物取引開始 利用拡大につながる可能性も

 米取引所大手CBOEグローバルマーケッツは10日、インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」の先物取引を始めた。取引の手段が増えることで、ビットコインの利用拡大につながる可能性もある。

 投資家は、先物取引を活用すれば相場変動による損失を一定程度抑えることができるため、ビットコイン取引に参加しやすくなる面がある。しかし、先物はビットコインを持っていなくても取引できるので、「空売り」で相場が大きく下落する恐れがあるとの見方もある。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう