記事詳細

東証、バブル後最高値更新 時価総額は過去最大に

 週明け11日の東京株式市場は、前週末の米株高を追い風に日経平均株価(225種)が続伸し、終値は前週末比127円65銭高の2万2938円73銭とバブル経済崩壊後の終値の最高値を付けた。高値更新は約1カ月ぶりで、1992年1月以来、約26年ぶりの水準に上昇した。

 午前中は前週末終値付近で推移したが、午後に入ると日銀が上場投資信託(ETF)を購入するとの思惑から値上がり幅が広がった。東証株価指数(TOPIX)は9・61ポイント高の1813・34。出来高は約14億2000万株。東証1部の時価総額は671兆円を超え、過去最大記録を塗り替えた。

 朝方は、前週末のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が過去最高値を更新した流れを引き継ぎ買いが先行した。その後、当面の利益を確保するための売りに押されたほか、リニア中央新幹線関連工事の入札妨害事件を背景に建設株が下落したことも響き、平均株価が値下がりする場面もあった。

 取引の手掛かりは乏しかったが、ネット証券のアナリストは「午後に入ってから日銀がETF買いで株式相場を押し上げるとの期待が高まった」と分析した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう