記事詳細

四国電力株が急落 伊方原発差し止め受け「経営に悪影響が及ぶと懸念」

 13日の東京株式市場で四国電力株が急落した。広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止める決定を出したことを受け、売りが膨らんだ。前日終値の1516円から一時8%超下落した。

 中堅証券関係者は「再稼働が見込めなくなり、コストがかさんで経営に悪影響が及ぶと懸念された」と話した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう