記事詳細

東証続落、1週間ぶり安値 円高進行受け

 14日の東京株式市場は、円高進行を受けた売りが優勢で日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比63円62銭安の2万2694円45銭で1週間ぶりの安値となった。

 東証株価指数(TOPIX)は2・70ポイント安の1808・14。出来高は約16億6600万株だった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が2018年の利上げ予想を据え置いたことで、利上げペースが加速するとの見方が後退し、外国為替市場で円高ドル安が進行。輸出企業には逆風になるとの思惑から、機械株の一角などに売りが出た。

 楽天が自前の回線網を持つ携帯電話会社の設立を目指すと発表したことを受け、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクグループなどの情報通信関連株も売られた。

 前日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が終値の過去最高値を4営業日連続で更新したことを好感し、平均株価が上昇する場面もあった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう