記事詳細

「出世したい」意欲、分かれ道は「42・5歳」 ミドル・シニアの成長実態

 ビジネスパーソンの出世意欲が変化し、「出世したいと思わない」人の割合が「出世したい」人を上回る年齢は42.5歳--パーソル総合研究所の調査でこんな結果が出た。「年齢を追うごとに、出世コースから外れる人と役職・階級を上り続ける人の差がはっきりと分かれるため」という。

 また、「キャリアの終わりを意識する」と考える人が多数派になるのは45.5歳という結果に。「(40代半ばは)出世意識とキャリアに対する意識が変化する時期であり、就業人生全体の中で、大きな気持ちの転換点といえる」としている。

 調査では、45~59歳のミドル・シニア世代に「自分が思うように成長できていない」との課題を抱える人が多いことも判明している。

 ミドル・シニア世代はなぜ、仕事に対して後ろ向きな人が増えてしまうのだろうか。調査では「体力が衰えた」「忙しすぎて、仕事を振り返る余裕がない」「仕事に意義を感じられなくなった」--といった答えが多く集まった。

 パーソル総合研究所は「健康面への不安や、残業時間の長さは成長・内省に対する意識に大きく影響しそうだ」とみる。「50代後半は、管理職から降りる『ポストオフ(役職定年)』を経験する層が多いため、やりがいが見えにくくなっているようだ」と分析する。

 ただ、現在は人手不足と少子高齢化が進み、人々の労働寿命は延び続けている。ミドル・シニア世代も10~20年は働き手であり続けるため、同社は「成長実感が40歳ごろから下降し始めるというミドル・シニアの成長実態は、本人にとっても企業にとっても、中長期的な意味で影響の大きい問題だ」と警鐘を鳴らしている。

 調査は今年3月、全国の15~69歳の男女1万人を対象に実施した。

ITmedia ビジネスオンライン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース