記事詳細

【日本の元気】森林農業からできた『明治ザ・チョコレート』 原料名見て「やったぜ!」 (1/2ページ)

 最近、コンビニなどできれいなデザインのチョコレート、「明治ザ・チョコレート」を見ることが多くなった。販売されているのは8種類。薄箱のデザインは、中央に描かれたチョコレートの原料であるカカオの形は同じだが、それぞれ色使いが異なる。

 若い世代にはこのパッケージの作りやデザインがウケており、ネット上では、切り取ってしおりにしたり、千円札を入れる簡易財布にしたり、スマホケースにするなど多種多様な利用法が紹介されている。販売開始は2014年9月。累計販売数3000万個突破が物語る、今、最もトレンディーなチョコレートだ。

 私はチョコレート好きなので何種類か買ったが、それぞれ香りや味わいが異なり、なかなかおいしい。どこのカカオ豆かなと箱の裏の原料名を見て、「やったぜ!」と叫んでしまった。「優しく香る Sunny Milk」や「華やかな果実味 Elegant Bitter」に、「カカオマス(ブラジルトメアスー産カカオ豆90%以上使用)」とあったからだ。その産地、ブラジルのトメアスーは実に46年前、24歳だった私が初めて訪ねたアマゾン・パラー州の日本人移住地なのだ。以降、このトメアスー訪問は十数回にのぼる。いわば私のアマゾンの故郷だ。

 アマゾン河口の大都市、人口約140万のベレンの南約250キロ。密林が覆うこの地に日本人が移住地を開いたのは1929(昭和4)年のことだった。当初は小さな開拓村にすぎなかったが、今では海外最大の日本人移住地となり、その中心地は多くのブラジル人が住む人口3万の大きな町となっている。

 このトメアスーでおよそ30年ほど前から始まったのが、「アグロフォレストリー=森林農業」だ。農業は森林を皆伐して農地をつくり、作物を植えるのが基本。「農業」と「森林」は相反するものだが、森林農業は森林の中に作物を植える。両者を両立させる農業なのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう