記事詳細

【オトナの社会科見学】「あたり前田のクラッカー」まで!懐かしいお菓子と再会できる「イエスタデイズ・トゥモロー」

 JR新宿駅東口地下改札を出たすぐそばには、昔、面白グッズショップ「王様のアイディア」があった。父親に連れられよく訪ねたが、その場所近くで「子供のころから親しんだお菓子」とうたうポスターが目にとまった。

 「Yesterday’S tomorrow(イェスタデイズ・トゥモロー)」は10月末にオープンしたカルビー運営による、日本のお菓子メーカー約120社のロングセラーお菓子などを集めるセレクトショップ。店頭の「なつかしいものが新しい、かも」のキャッチコピーもひかれる。

 昭和30年代、近所の理髪店で坊ちゃん刈りにしてもらった後、おまけによくもらった「マルカワのオレンジマーブルガム」とも再会した。

 入り口近くで目立つのが約200種類のお菓子が並ぶ巨大なお皿型什器。筆者の世代には、かつて祖母に百貨店地下でぐるぐる回る皿のショーケースから舶来キャンディーを買ってもらった記憶がよみがえる。中をのぞくと、「ビスコ」や「たべっ子どうぶつ」から「ビックリマンチョコ」まで勢ぞろい。「てなもんや三度笠」のスポンサーでも知られた「あたり前田のクラッカー」もある。

 100グラム300円の量り売りで選び、ポテトチップスを入れるような袋に詰め合わせもしてくれる。(矢吹博志)

 ■「イェスタデイズ・トゥモロー」(東京都新宿区新宿3の38の1 ルミネエスト新宿地下1階、(電)03・6380・1888)平日11~22時、土日祝日10時30分~21時30分

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう