記事詳細

【横山利香 打ち出の小槌】人生100年時代、運動は大事 ホットヨガにフィットネスの「アールビバン」は伸びしろに期待 (1/2ページ)

 人生100年時代。政府がそう掲げている通り、寿命の延びは著しく、今の子供たちの半数近くが、そこまで、あるいはそれ以上生きるとのシミュレーションもあるほどです。

 自分たちが子供だったころを思い出してみると、当時の70代は、これぞ高齢者でした。でも、最近の70代は、生活の中にウオーキングや体操などを積極的に取り入れ、いい意味で、見た目と年齢がそぐわない人たちが増えました。

 カギはやはり運動でしょう。そこでエクササイズに着目すると、ここ数年、女性たちから支持を集めているカテゴリーにホットヨガがあります。

 ホットヨガは、40度以上の室内スタジオで、数十人で行います。会費は都心は高く、郊外は安いというように立地に応じた月会費が一般的。ざっくりですが、スタジオでは、1日を通して8回転ほどレッスンが行われ、1回のレッスン当たり数十人が参加。会員が多くなるほど利益につながるストックビジネスです。

 その観点から、今週は「アールビバン」(7523)を注目銘柄にしました。同社は東京都内を中心に、岩盤スタジオのホットヨガ「アミーダ」を展開中です。

 実のところ、ホットヨガは子会社としての事業で、本体は版画やアートの販売。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう