記事詳細

【今日から始める10万円株】新元号で恩恵受けそうな銘柄は? 教科書など更新で「図書印刷」期待 (2/2ページ)

 一方、商業用印刷や請求書等の印字、情報処理事業などを手掛ける「カワセコンピュータサプライ」(7851)も兜町筋がマークしているとのこと。同社は東証2部に上場している企業だが、チャートを見てみると出来高が極端に少ない。裏を返せば、注目が集まれば一気に高値まで買われる可能性が高くなる。株価(11日現在)は402円(100株単位)、約4万円で投資できる。

 そのほか、紙幣識別機を手掛ける東証1部の「オーイズミ」(6428)にも注目。同社は日本金銭機械同様、新紙幣に関するニュースが出ると動意ずく傾向がある。株価(11日現在)は、522円(100株単位)だ。

 新元号が明らかになるのはまだ先だが、安いところを仕込んでおくとおもしろそうだ。(三枝裕介)

 【2017年12月13日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう