記事詳細

【ネット騒然銘柄】『オーミケンシ』乱高下、ネット上で投資家悲鳴相次ぐ「ナイアガラったぁぁ」

 健康に関心のある人なら、「腸内フローラ」という語を聞いたことがあるだろう。実は、皮膚にも「スキンフローラ」なるものがあるという。紡績の老舗オーミケンシ(3111)。8日、皮膚上の悪玉菌を抑え、善玉菌の割合を増やす世界初の繊維を化粧品メーカーと共同開発に成功したことが判明し、株価が急騰。しかし、上昇は長くは持たず、12日は前日比6・6%安で引けている。ネット上では「ナイアガラったぁぁ(※高値から急落したチャートをナイアガラの滝にたとえて)」など、トレーダーの悲鳴が相次いだ。一方で「この下げは単なる振るい落とし」と今後の上昇を予想するトレーダーも。ストレスでお肌が荒れてしまいそうだ。

 12月はIPO(株式新規公開)が活況となることで知られる。12日に上場した戸建て住宅再生のカチタス(8919)は、公開価格1640円に対して初値が1665円と振るわず。ツイッターでは比較的ポジティブな意見が多く見受けられたが、某株系掲示板では否定的な声が多い印象だ。今年も「IPO冬の陣」が始まった。 (新井奈央)

 【2017年12月14日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう