記事詳細

【最強!!バフェット流投資術】日本電産は企業のお手本、最大の強みは「終身雇用の実力主義」 (1/2ページ)

 日本電産(6594)が取り扱うモーターは、今後の自動車のロボット化(自動運転)をはじめ、農業から介護まで各種産業でのさらなる活用などで広がる「ロボット社会」の中で、極めて重要なパーツである。その意味でも、当社の将来は大いに期待できる。まさに追い風が吹いている状態だ。

 しかし、大躍進しているのはそれだけが理由ではない。「終身雇用の実力主義」を確実に実践していることが、同社の最大の強みである。「終身雇用の実力主義」は、バフェット率いるバークシャー・グループでも採用されている。

 武士の世界は、「御恩(所領安堵)と奉公」で成り立っている。企業戦士で言えば、生活の安定を保証されるからこそ、忠誠を誓い仕事に励むのである。

 最近は、いわゆるリストラでコストを削減する経営者をもてはやす傾向があるが、そのような経営者ははっきり言って無能である。リストラを繰り返す会社に忠誠を誓う人間はいない。技術も情報も有能な人間もダダ漏れになる。

 しかし、年功序列はいけない。働く者のモチベーションが大きく下がり、会社が腐っていくからである。

 その点、買収先の企業の雇用まで死守し、なおかつ実力主義の賃金体系を採用している日本電産は、企業経営の教科書的お手本である。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう