記事詳細

フーガに迫る迫力!? 日産・スカイライン、内・外装の質感向上で上質感演出 (1/2ページ)

 2017年の東京モーターショーにも出展されていた日産スカイラインが12月20日にマイナーチェンジを受けました。

 今回の改良は、エクステリア、インテリアの質感向上がトピックス。外観では、フロントグリルを大型化することで、兄貴分のフーガを彷彿とさせる顔つきになり、より上級モデルになったような印象を受けます。

 中でも「Type SP」は立体的な形状のバンパーになり、よりアグレッシブなスポーティさが表現されていて、「Type P」や「350GT HYBRID」は、水平基調のバンパーデザインにすることで、洗練された雰囲気が醸し出されています。

 さらに、先進技術を使ったクリアなLEDリヤコンビネーションランプの採用も見どころで、より鮮明で洗練されたリヤビューも目を惹きます。

 また「Type SP」に、立体的でスポーティな新デザインの切削光輝19インチアルミホイールを装着し、「Type P」には新たに18インチアルミホイール(クロームカラーコート)を標準装備。ボディカラーは「インペリアルアンバー」を含む全9色を用意。

 一方の内装は、ステアリンググリップを太くすることで、握り心地を向上させるとともに、ホーンパッドを小型化。マットクロームのスポークによりスポーティさも表現されています。

 シフトノブも握りやすさにこだわりながら本革やマットクローム、ピアノブラックの組み合わせによりクオリティアップが図られています。さらに、インパネにステッチが追加され、精巧なパターンのステアリングステッチもあって上質感を演出。

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース