記事詳細

【MUSIC ON! TV(エムオン!)】M-ON! LIVE GLAY「GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”」放送直前!ツアーファイナル 愛知・日本ガイシホール公演の模様をライブレポート!

1994年のメジャーデビュー以来、現在も絶大な人気を得ている日本が誇るロックバンドGLAY。
MUSIC ON! TV(エムオン!)では、9/23に新潟からスタートさせた大型アリーナツアー「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」より、12/10(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた公演の模様を独占最速放送。7月にリリースしたアルバム『SUMMERDELICS』を携えて開催された本ツアーでは、アルバムの楽曲はもちろん往年のヒット曲も披露。GLAYの2017年最新ライブをお楽しみください!

■■番組情報■■
<番組名>
独占最速放送! M-ON! LIVE GLAY 「GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”」
<放送日時>
12/29(金)18:00~21:00
http://www.m-on.jp/program/detail/mon-live-glay-2017/

12/29(金)は朝から晩まで24時間GLAY
<放送日時>
12/29(金)6:00~30:00
http://www.m-on.jp/special/glay2017/

この放送を前に、12/17(日)愛知・日本ガイシホールで行われた「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」ツアーファイナルの模様をライブレポート!

★エムオン!公式レポーターの生の声!(一部抜粋)★
<レポーター(1) 礼衣愛さん>
「今回のツアーは今までのツアーと形式自体が全く異なり、メンバーの人間性や人情味、仲の良さや絆が再確認できたり、バックで流れている映像集が欲しいと思うほど、全てにおいてクオリティの高いツアーだと感じた。
TERUの歌声もどこの会場においても、力強く綺麗かつ伸びやかな印象を受けた。
23年目でもなおも成長を続けるGLAYから目が離せない!と感じさせてくれるライブだった」

<レポーター(2) 米澤 潤さん>
「開演時間になると会場が暗転し“SUMMERDELICS”の世界観を体現したような映像とSEが流れ始めた。
TOSHIのドラムの音が会場に響き渡り両サイドステージにHISASHIとJIRO、ステージ奥にTAKUROが登場し、花道先端からTERUが登場すると会場は一気に歓喜につつまれた。
FINALの1曲目は「聖者のいない町」。静かな音色からどんどんと熱を帯びて行く演奏に会場のボルテージがどんどんと上がっていく。
息つく間も無く「デストピア」「I am xxx」「超音速デスティニー」とハードなナンバーが並び会場の熱気が上がったところで「ロングラン」「空が青空であるために」と爽快なナンバーが続いた」

<レポーター(3) 田畑 愛弓さん>
「新曲「あなたといきてゆく」はバックの映像も壮大でイントロのギターとTERUさんの歌声に感動でした。
「Way of Difference」は映像がキラキラしていてこれまた感動でした(;▽;)
余韻に浸る間もなく、「Scoop」、「シン・ゾンビ」とアッパー曲で会場の空気は一変!
「シン・ゾンビ」では、会場に茂木さんがいるので、何かあるのかなと期待してしまいました(笑)。
HISASHIの太鼓の達人はやっぱりフルコンボは出ませんでしたが、超絶かわいかったです!」

ライブレポートの全文はこちらのURLからご覧いただけます。
http://www.m-on.jp/info/news-topics/2017/12/27/126964/
※愛知・日本ガイシホール公演のオンエアはございません。あらかじめご了承ください。

以上

MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTVなどでご覧いただける音楽チャンネルです。詳しくは、MUSIC ON! TV(エムオン!)公式サイト( http://www.m-on.jp )まで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう