記事詳細

ケイズグループ、元ラグビー日本代表四宮氏がオーナーのアスリートジム「GYM XV」と業務提携しスポーツコンディショニングトレーナー事業を強化

東京・千葉に43店舗の鍼灸整骨院を運営し、トレーナー事業を展開している株式会社ケイズグループ(本社:千葉県市川市、代表取締役:小林 博文、以下 ケイズグループ)は、元ラグビー日本代表の四宮 洋平がオーナーで第一線のアスリートが多く通うアスリート専用パーソナルジムのGYM XV(所在地:東京都世田谷区、代表:四宮 洋平、以下 GYM XV)と業務提携いたしました。
これにより、ケイズグループの強みであるメディカルトレーナー事業だけでなく、ストレングスやコンディショニングの支援を強化し、アスリートのパフォーマンスアップおよびケガ予防、ケガからの迅速な競技復帰に努めていくとともに、引退後のアスリートのセカンドキャリア支援などへの連携を深めていきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/146535/LL_img_146535_1.png
2社間での記念撮影の様子

■背景
ケイズグループは、スポーツや医療・社会福祉分野等への支援を通じて地域医療の充実と発展に貢献するとともに、プロアスリートやプロアスリートを目指す若者たちを地域医療の立場から応援しており、トレーナー事業に力を入れております。

現在、2020年東京五輪出場を目指すアスリートが数多くいる中、将来有望な選手に対して、怪我やリハビリなど医学的知識を持ったトレーナーやコーチの数が足りず、選手たちが過度に負荷の高いトレーニングを行い、大切な時期にケガを負ってしまうなど、悔しい思いをするケースも増えています。

ケイズグループの強みであるケガの治療、ケガの予防、パフォーマンスアップをサポートするトレーナー活動だけでなく、四宮 洋平氏の得意とするストレングストレーニングの技術を融合させて、数多くのアスリートおよびチームのトレーニングやコンディショニングをサポートしていきます。

■今後の取り組み
ケイズグループは、第一線で活躍するトップアスリートから学生チームや地域団体に至るまで、様々な種目の幅広いアスリートのサポートを強化していき、日本のスポーツ文化新興に取り組んでいきます。
また、トレーナー事業を強化することで、引退後のアスリートが経験を活用できるセカンドキャリアを創出していきます。

■株式会社ケイズグループについて
鍼灸整骨院を東京・千葉に43店舗展開。整骨院の運営ノウハウを活用した経営者・治療家向けのビジネスサービスも展開しています。スポーツや医療・社会福祉分野などへの支援を通じて地域医療の充実と発展に貢献するとともに、プロアスリートやプロアスリートを目指す若者たちを地域医療の立場から応援しており、トレーナー事業に力を入れております。

会社名 : 株式会社ケイズグループ
代表者 : 代表取締役 小林 博文
所在地 : 千葉県市川市南八幡3-6-18 ミーナアサヒビル3F
事業内容: 鍼灸整骨院の運営・療養請求代行・人材紹介業・
コンサルティング業・デイサービス業・FC事業
資本金 : グループ全体3,200万円
URL : http://keizgroup.jp/

■GYM XVについて
元ラグビー日本代表の四宮 洋平が経験した日本・海外での最新のトレーニングが行えるジムで、トップアスリートから支持がある器具(オムニア、キネシス、スキルミル)など最新の器具を用いて、他では体験できないトレーニングができます。また、GYM XVでは「左右非対称トレーニング」を推奨して行っており、ズレやゆがみを改善しながら、トレーニングを行うアスリート専用パーソナルジムです。

店舗名 : GYM XV
代表者 : 四宮 洋平
所在地 : 東京都世田谷区桜新町2-25-1 桜新町エイトビル2F
事業内容: パーソナルジム運営
URL : http://gym-xv.com/

■トレーナー 経歴
<四宮 洋平>
桐蔭学園、関東学院大学 卒業
元ラグビー日本代表、7人制日本代表
国内チーム: ヤマハ発動機ジュビロ
ワールド・ファイティングブル
近鉄ライナーズ
海外チーム: ボーランド、ブルズ(南アフリカ)
マナワツ(ニュージーランド)
レッジョ、パルマ、ローマ(イタリア)
エクス・ヴァン・プロヴェンス(フランス)

<山田 壮太郎>
法政大学 卒業
砲丸投げ 元日本記録保持者 (第18回アジア大会日本代表)
2008、2009年 日本インカレ優勝
2009年 日本選手権優勝
2009、2011年 アジア選手権日本代表
レボリューション・トレーニングシステム・スペシャリスト

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう