記事詳細

【天野秀夫 中小型厳選株】企業再生関連が狙い目 マザーズ上場「アークン」、3期ぶり黒字転換期待 (2/2ページ)

 株価低位から相場がスタートするだけに、結果的に好パフォーマンスとなります。マザーズに上場する株価700円台の「アークン」(3927)はその候補です。

 情報セキュリティーサービスの開発・販売企業としてウイルス対策とPC業務管理・保守を手掛けており、2015年12月にIPOした銘柄です。

 今年5月に「改正個人情報保護法」が全面施行され、個人情報保護法上の義務を負う個人情報取扱事業者の定義拡大で、取り扱う個人情報が5000人分以下の小規模事業者も、同法が適用されることになったのがビジネスチャンスとなっています。

 今3月期は営業・経常損益段階で1億3900万円の赤字を会社側は見込んでいますが、来期は3期ぶりの黒字転換が期待できる情報セキュリティー関連の出遅れ銘柄です。

 ■天野秀夫(あまの・ひでお) 日本大学法学部卒。1987年4月、日本証券新聞社に入社。記者、編集局長などを経て、代表取締役社長を12年近く務める。2017年4月、独立。証券・金融界、上場企業経営者とのパイプを生かし金融リテラシーへの貢献を目指す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう