記事詳細

ゆうパック、年末年始は大丈夫? 会社側「万全の態勢」強調も…現場悲鳴「さばききれない」 (1/2ページ)

 荷物の増加や人手不足で遅配が生じた日本郵便の宅配サービス「ゆうパック」。これから年末年始の年賀状シーズンという最繁忙期と重なるが、大丈夫なのか。会社側は「万全の態勢を整えている」と強調するが、関係者の間では懸念も広がっている。

 郵便局をめぐってはこんな騒ぎがあった。V6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)の結婚をめぐり、岡田がファンクラブ会員に宛てた結婚報告の封書が、24日到着のはずが、一部は手違いで早く届いたというのだ。

 人手不足が原因かどうかは不明だが、ゆうパックの配達も厳しい状況が続いているようだ。

 「17時から19時の時間指定の際に19時40分に遅れて配達すると『なんで遅れたんだ!』と玄関先で怒鳴られた」。郵政グループの労働組合幹部は配達員からこんなリポートがあったと明かす。

 関係者によると、今月1日から12日までの間に東京管内の郵便局で発生した業務中の交通事故は27件と、昨年同期と比べて15件も増えており、注意喚起の文書が局内で掲示されたという。

 ツイッターでも現場の悲鳴が聞かれた。「ふつうにやっても荷物がさばききれないこともある」「超勤分の手当はもらえているが、取ることができなかった休憩分はタダ働き」「廃休(休日出勤)の代休はない」といった趣旨の投稿が話題となった。

 日本郵便広報室では「残業代不払いということはないし、廃休したら代休をとるなど労働基準法の基準があり、ちゃんとした勤怠管理をしている」とする。一方で「もちろん配達員が大変だということは事実」「苦しくないともいいづらい」と付け加えた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう