記事詳細

【今日から始める10万円株】米30年ぶり大規模減税で恩恵受ける銘柄 ベアリング大手「NTN」、車載機器手掛ける「JVCケンウッド」… (2/2ページ)

 同じく東証1部の「JVCケンウッド」(6632)は、カーナビなど車載機器を手掛ける老舗企業。昨今では、ドライブレコーダーが好調で業績も上向きだ。野村証券の試算によると、米国の法人税減税の影響額が2018年度予想税引利益に対して5%超の上ブレが期待できるという。株価(25日)は384円(100株単位)。現在、年初来高値を更新中だ。

 最後は、AV家電の中堅である東証1部の「船井電機」(6839)。こちらは7期連続の営業赤字と苦戦しているが、今回の減税で18年度予想税引利益に対して8・8%にものぼる影響がある(野村証券試算)という。

 株価(25日)は867(100株単位)円と安値圏で推移中。なお、年初来高値は7月につけた1118円だ。来年以降、赤字脱却が視野に入ってくれば、株価は一気に上ブレるのではないか。(三枝裕介)

 【2017年12月27日発行紙面から】

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう