記事詳細

東証続伸、バブル後最高値更新 円高一服を好感

 16日の東京株式市場は、最近の円高ドル安傾向が一服したことを好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比236円93銭高の2万3951円81銭。終値としてバブル経済崩壊後の最高値を更新し、1991年11月以来、約26年2カ月ぶりの高値を付けた。

 一時は2万4000円に近づき、取引時間中としてもバブル経済崩壊後の最高値を付けた。市場規模を示す東京証券取引所第1部の時価総額は701兆円超となり、過去最大を更新した。

 東証株価指数(TOPIX)は10・35ポイント高の1894・25で、終値として91年6月以来、約26年7カ月ぶりの高値だった。出来高は約13億1800万株。

 朝方は、東京外国為替市場の円相場が1ドル=110円台半ばで推移したことを背景に円高を警戒した売りが出て、平均株価は小幅に下落する場面もあった。だが、その後は円高進行に歯止めがかかり、安心感から平均株価の上昇が加速した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう