記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】「4年ぶりのプレゼン」終えて 海老名さん「下手なビジネススクールに行くより学び多い」 (1/2ページ)

 ビジネスプランのコンテストに応募し、書類審査を通過した夕刊フジ読者の海老名要一さん(64)から、年明け二次審査のプレゼンに臨んだと連絡があった。プレゼンを終えた海老名さんに東京・東銀座の「夕刊フジ定年起業応援サロン」で話を聞いた。人前で事業計画を話すのは4年ぶりだったという。

 「会社員時代は月次で会議があり、そこで事業計画の説明などを行っていたのですけどね。本当に久しぶりで緊張感がありました」(海老名さん)

 二次審査は持ち時間が10分。3分でプレゼンして、7分が質疑応答だったという。どのあたりにポイントをおいて説明したのか、と聞くと、提出書類の中で分かりにくそうだと思うところに絞ったそうだ。

 「提出書類では、選考基準である『実現可能性』『継続性』にポイントをおいたので、プレゼンでは『新規性』『社会貢献』についてより詳しく説明したつもりです。また、自分の提案はもともと社会貢献を意図しています。地元のボランティア活動でお世話になっている人にアドバイスを求めたら、『横波及』をいれるといいと言われました。いい言葉だなと思い、それについても話しました。フランチャイズ展開とか、初心者のためのセカンドライフ起業スクールで言及のあった商標登録をしておくことなどですね」

 それらを3分で収めるのはなかなか大変に感じるが、海老名さんはパワーポイントを活用してスライドで説明し、時間通りおさまったようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう