記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】ビジネスプランコンテストに臨むコツ 『実現可能性』『波及効果』などのポイントを押さえて事業計画を (1/2ページ)

 シニア起業を目指し、夕刊フジ定年起業応援サロンを活用してビジネスプランのコンテストに挑戦している読者、海老名要一さんの“起業奮闘記”をお送りしている。今回は、同サロンの運営者であり、自らもビジネスプランコンテストに多数入賞した経験を持つ銀座セカンドライフの片桐実央代表に、シニア世代がコンテストに臨む意義やコツを聞いた。

 --シニア起業を目指す人にとって、ビジネスプランコンテストに挑戦することはどのような意義があるのでしょうか

 「メディア露出や信頼性向上、補助金の合格につながります。また、自分がやろうとする事業に対する、客観的な評価を確認できますね。今回の読者の方のように、コンテストを目標に定めることで自身のモチベーションアップにもつなげられるでしょう」

 --ビジネスプランコンテストはどうやって探せばいいでしょうか? また、どのようなコンテストを選ぶといいでしょうか

 「中小企業庁が運営する『ミラサポ』というウェブサイトの『ビジネスコンテスト』のページが探しやすいです。事業展開に合わせて、開催地域やコンテストの趣旨が合致するものを選ぶといいと思います」

 --コンテストに応募する時は、どのようなことに気をつければいいでしょうか

 「一般的には『実現可能性』『継続性』『独自性』『収益性』『社会性』、そして『波及効果』というポイントを押さえて事業計画をまとめるといいですね」

 --コンテストで自分のプランを発表する時、どんなことに気をつければいいでしょうか

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう