記事詳細

【住まいの処方銭】空き家になった実家を売る 個人で売却できるサイト「家いちば」 (1/2ページ)

★実家の片付け(4)

 実家が空き家になって随分時間がたつ。売りたいのだが、買う人がいるだろうか。価格にはこだわらないのだが…。

 こんなときに頼りになるのが、インターネットの掲示板「家いちば」だ。空き家などの不動産を売りたい人が直接、物件の特徴などをこの掲示板に書き込む。買いたい人がこれを見て連絡する。売買交渉は、不動産会社抜き。売り主と買い主で直接、やりとりする。

 掲載されている物件は、地方の古い一戸建てをはじめ、リゾートマンション、宿泊施設つきの自宅、土地など多岐にのぼる。生活用品が室内にそのまま置いてあるなど、通常なら売れないと思われるような家も少なくない。

 「家いちば」は、2015年10月にスタートした。掲載物件は北海道から鹿児島県までほぼ全国にわたる。18年1月中旬時点までの成約件数は、21件にのぼる。情報掲載後、早ければ2週間で商談がまとまる例もある。過去の売買価格は20万~500万円で、平均価格は100万円程度。まれに、大規模に耐震改修を実施した古民家が、売買価格1億円超で売りに出された例はある。

 一方で、なかには「無料であげます」という事例も。だが、無料の物件は実際には、希望者が多く、入札になることがほとんどだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース