記事詳細

キャンピングカーの維持費はどれくらい? キャンピングカー生活の日常・その2【車中泊女子の全国縦断記】 (1/2ページ)

 キャンピングカーを所有している、というと、それだけで「お金持ち」と判断されますが、決してそんなことはありません。

 確かに、中にはホンモノのお金持ちもいますが、がんばってローンを組んだり退職金で購入された方が大半ではないでしょうか。

 さて、その「お金持ち」想定の要因はキャンピングカー自体の価格のみならず、維持費がどれくらいかかるのか? メンテナンスや修理に莫大な料金がかかるのではないか? と想像されるからだと思います。

 今回は、筆者の愛車Rocky21を例に維持費についてお答えします。Rocky21については前回の記事をご覧ください。

 まずは税金。自動車税 102,100円(毎年)、重量税 63,000円(2年)です。加えて自動車損害賠償責任保険料は34,900円(24ヶ月)、自動車保険料(任意保険)は年間およそ4万円でした。

 車検整備は地元の自動車整備工場にお願いしています。前回(2016年)の車検では、分解点検基本工賃一式 25,000円に、ブレーキフルード交換などの整備代を合わせて27,980円、重量税(63,000円)や印紙/書類代、申請手数料などの諸費用合計が109,020円で、合計で137,000円になりました。

 今年はおそらくブレーキパッドを交換する必要があると思います。こうした部品類はアメ車専門のネット通販サイトで自分で購入し、持ち込ませていただいています。その方が安いし早いからです。

 筆者の愛車は1997年製、ドアキーパーなどプラスチック製品の経年劣化によるパーツ交換や、修理費用も年々増えているように感じます。

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース