記事詳細

2018年に乗りたい!注目の新型車【国産車編】 (1/2ページ)

 クルマの進化は、室内の広さや燃費の改善といった身近なものだけではありません。

 真っ先に思い浮かべるのが、実用化が予想よりも早いのでは?と考えられている自動運転。現在はドライバー補助のレベルですが、すでに高速道路での巡行や渋滞程度なら十分こなせるレベルのクルマが販売されています。

 そのほかにも、エンジンではなくモーターとバッテリーで動く電気自動車も注目を集めており、昨年には「日産・リーフ」がフルモデルチェンジ。その航続距離は約400kmで、充電などに課題は残るものの、実用性は確実に向上しています。

 このように技術の進化は注目を集めており、2018年に市販が予定されているクルマに続々と投入されることが期待できます。

 日産・セレナe-POWER

 まず注目の1台目が「日産・セレナe-POWER」です。ガソリンエンジンとモーターを組み合わせた仕様は販売中ですが、「e-POWER」はモーターが100%駆動を担当するというもの。一応、エンジンは搭載しますが、モーターを動かすための電力を賄う発電機として使われます。

 すでに「ノートe-POWER」にも搭載されており、電気自動車と遜色ないほどの力強さと反応の良さがあることから、車重が重いミニバンにありがちな加速の重さを解消すると期待が持てます。また、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」との相性も注目したいところ。

clicccar クリッカー
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース