記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】「いい意味での欲」から屋号の商標登録 コンテスト応募で事業イメージ鮮明に (1/2ページ)

 ビジネスプランのプレゼンテーションが終わった読者、海老名要一さん(64)は、引き続き起業準備に奮闘している。現在は、さまざまな調べものをしているそうだ。

 「実は、昨年からの宿題が残っています。屋号を決めていなかったのです。昨年、セカンドライフ起業スクールで学んだ『屋号を商標登録する』ということが頭に残っていて、商標登録したいと思っていました。本来は弁理士さんにお願いするのでしょうが、勉強のために自分で商標を調べようと考えました」

 海老名さんは、最初は法人格にはせず、個人事業主としてやっていきたいという。その場合は、事業を行う場所の税務署に開業届を出すことになる。その時に「屋号」を届け出るのだ。屋号の届け出は任意だが、海老名さんは商標登録まで考えている。

 「ビジネスプランのコンテストに応募したことで事業イメージが鮮明になり、いい意味での欲が出てきたような気がします」

 海老名さんは現役時代、素材関連のメーカーに勤務していた。工業所有権については多少の知識があるため、商標登録の申請作業もできそうだという。

 「今は文書だけでなくオンラインでの申請ができ、出願電子化手数料は不要なため、少しお得でもあります。まずは商標として登録できるかどうかの確認作業から始めてみようと考えています」

 商標が使えるかどうかは、「特許情報プラットホーム」(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage)で商標を検索することから始まる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう