記事詳細

NY株、一時1500ドル安 2日連続での大幅下げ幅

 週明け5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落して一時、前週末と比べた下げ幅が1500ドルを超えた。前日比で665ドル下げた2日に続き、米長期金利上昇に対する懸念が強まった。

 5日は米長期金利の指標の10年債利回りが一時、約4年ぶりの高水準となる2・885%まで上昇し、投資家の警戒感が強まった。原油価格の下落を受け石油株も売られた。

 午後3時45分現在は919・66ドル安の2万4601・30ドル、ハイテク株主体のナスダック総合指数は134・65ポイント安の7106・30。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう