記事詳細

東証続伸も波乱含み

 8日午前の東京株式市場は、警戒ムードの中、主力株が買われ、日経平均株価は午前9時現在、前日終値比76円20銭高の2万1721円57銭と続伸して取引が始まった。

 前日の米株式市場のダウ工業株30種平均は19・42ドル安の2万4893・35ドルと反落。1日の値幅は508ドルだった。

 為替が1ドル=109円台前半で推移したことから、東京市場も方向感に乏しい展開に。前日に743円高まで急騰した後、失速するなど、先物の動向をにらんで波乱含みの展開が続きそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう