記事詳細

Advanced Sensor Technologies社が、要求の厳しい工業プロセスで使用される耐薬品性/耐熱センサーのハウジング用に、ソルベイのライトン(r) PPSを選択

 ジョージア州アルファレッタ、2018年2月9日 - 高機能ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは本日、Advanced Sensor Technologies(ASTi)社が、2種類の工業用センサーにおける保護ハウジングの成形用に、ライトン(r) ポリフェニレンスルフィド(PPS)を採用したことを本日発表しました。工業プロセスでのpHまたは酸化還元電位(ORP)の評価を目的としたこれらのセンサーは、ライトン(r) R-4-230BLから成形されたハウジングに密閉されています。ライトン(r) R-4-230BLは40%ガラス繊維強化PPSコンパウンドであり、高温環境でも優れた加工性と剛性、強固な耐薬品性を実現しています。

 実験、医療、工業用途の電気化学センサーを設計するASTi社は、固体pHおよびORPセンサーのハウジングをライトン(r) R-4-230BLを使用して成形し、インライン加工制御および監視用途での過酷な環境から保護しています。ASTi社が選択したグレードのライトン(r) PPSは、優れた加工性、広範な腐食性の化学薬品に対する高い耐腐食性、強固な寸法安定性が最適なバランスで確保された樹脂であり、複雑な部品を高精度に成形できる製品です。

 ライトン(r) PPSでは、最大200度Cでの長期間の熱曝露の後でも、耐薬品性と剛性が確実に維持されます。用途によっては、その特性を260度Cの高温でも短期間維持できます。

 「ASTiでは、医療、バイオ医薬品、工業用途向けの製品開発にソルベイの多様な高機能樹脂を活用してきましたが、特にライトン(r) PPSは、ASTiの新しいpHおよびORPセンサーが利用される環境に最適なユニークな特性を持っています。」と、ASTi社の創業者で社長であるMartin Patko氏は述べています。「ライトン(r) PPSは、当社のセンサーの性能と耐久性を高めるとともに、耐薬品性、熱安定性、電気特性、剛性が同時に要求される将来的な用途にも応える製品です。」

 (r) ライトンはソルベイの登録商標です。

 ソルベイスペシャルティポリマーズについて
ソルベイスペシャルティポリマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー、自動車、ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体、ワイヤー/ケーブル、その他のマーケットに供給しています。詳細はhttp://www.solvay.comを参照ください。

  国際的な化学および先端材料企業であるソルベイは、省エネ、CO2排出削減、資源の最適活用とクオリティ・オブ・ライフの向上を導くような持続可能な製品やソリューションにより、革新的に高価値を開発、提供することで、お客様を支援しています。自動車、航空宇宙関連、消費財、ヘルスケア、エネルギー、環境、電気/電子部品、建築/建設、工業用途などの多様なグローバル・エンド・マーケットに対応しています。当グループはブリュッセルに本社を置き、53カ国に約30,000名の従業員を擁しています。2015年のプロフォルマ・ベース純売上高は約124億ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占めている事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられています。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてNYSE Euronextに上場しています(Bloomberg:SOLB.BB - Reuters:SOLB.BR)。

 本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR ソルベイ担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp

 【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000168235&id=bodyimage1

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう