記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】読者立案のビジネスプランが優秀賞に 「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ」 (2/2ページ)

 海老名さんは「NPO向けICTを活用した広報セミナーの開催」のビジネスプランを披露した。これまでのボランティア経験で気づいた課題をITで解決したいというプランだ。

 大会場の観客の前で落ち着いてプレゼンテーションする姿には起業家としての雰囲気が漂っていた。その点を指摘すると、海老名さんは「昨年から起業スクールなどで研鑽(けんさん)を積み、夕刊フジ定年起業応援サロンを利用して資料を練り上げてきた成果でしょうか」と控えめに語ってくれた。半年以上におよぶ努力はこうして実を結んだのだ。(取材・構成 藤木俊明)

 ■夕刊フジ経由で入会→レンタル料1カ月分無料

 夕刊フジは、東京・東銀座に新設された銀座セカンドライフ社のレンタルオフィス「銀座アントレサロン5号店」(中央区築地4の7の3 築地ファーストビル6階)内に、「夕刊フジ定年起業応援サロン」を開設しました。銀座アントレサロンは本店登記や郵便・電話対応、OA機器の利用が可能な“起業の拠点”。会員は首都圏に展開する12カ所のアントレサロンが自由に利用可能です。このアントレサロンに夕刊フジ経由で入会すると、1カ月分のレンタル料が無料になるなどの特典が得られます。また、夕刊フジ定年起業応援サロンの会員として、紙面への登場や会員同士の交流会なども予定しています。問い合わせ・申し込みはkigyo@fujinews.comまで。

 【銀座セカンドライフ】シニア起業支援会社の先駆け。本社は東京・銀座。定年前後のセカンドライフ起業をワンストップでサポートするほか、起業セミナー・交流会の開催、レンタルオフィスの運営も行っている。片桐実央代表取締役は起業コンサルト、行政書士、FPとして、テレビ番組にも多数出演している。近著は『50歳からの人生がもっと楽しくなる仕事カタログ』(マガジンハウス)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう