記事詳細

東証寄付続伸、2万2000円回復

 週明け26日午前の東京株式市場は、前週末の米株高を好感して幅広い銘柄が買われ、日経平均株価は午前9時現在、前週末終値比241円86銭高の2万2134円64銭と大幅続伸、2万2000円台を回復して取引が始まった。

 23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は347・51ドル高の2万5309・99ドルと続伸、終値で2万5000ドルの節目を4日ぶりに回復した。

 この日の東京市場も、輸出関連株など主力株の一角が物色された。ただ、1ドル=106円台後半と円高基調で推移していることが懸念される。

 27日に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の就任後初となる議会証言で、今後の利上げのペースが示されるかどうかも注目されている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう