記事詳細

【トップ近況】中国参入に意欲 任天堂・君島達己社長「私たちのゲームで楽しんでもらいたい」

 「将来的には中国の人にも私たちのゲームで楽しんでもらいたい」と話すのは、任天堂の君島達己社長(67)。昨年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」は世界販売が1300万台を超すヒットとなっているが、中国ではまだ販売していない。

 中国市場の開拓へ昨年12月から他社製のゲーム機用に「マリオ」シリーズなどの人気ゲームの配信を始め、知名度向上を図る。スイッチの発売も「できるだけ早く実現したい」と意欲を示す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう