記事詳細

【最強!!バフェット流投資術】歯科製品で世界トップクラス「ナカニシ」 歯医者のドリルで“おいしい”ビジネス (1/2ページ)

 一般にはあまり知られていないが、ナカニシ(7716)は歯科製品で世界首位級の会社である。

 歯医者でガリガリやるドリルの音が嫌いという読者も多いと思うが、そのドリルの生産・販売を主力の事業として展開している。その他にも眼科やメディカル関連製品を手掛けている。

 海外12カ所に自社の販売拠点を持ち、国内をはじめ、世界135カ国に製品とサービスを提供しているというグローバルカンパニーでもある。

 ドリルは使用しているうちに摩耗する消耗品であるから、顧客からリピートオーダーが入る「おいしい」ビジネスだ。

 つまりニッチではあるけれども、バフェットが好むコカ・コーラ(清涼飲料水)やジレット(ひげそり)と同じタイプの企業である。

 モーターも含めた高い精度と耐久性が要求され、誰もが簡単に生産できる製品ではないから、ブランドをしっかり守れば手堅い商売になる。

 今後発展が期待できる「医療関連分野」の有望企業でもある。

 同社の場合、海外売上比率が非常に高いのが特徴で、欧州、北米が主戦場となっている。アジア市場では、一時期、中国などを中心に「模倣品」の被害が結構あったようだが、現在は終息しつつあると見受けられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう