記事詳細

イラストマーケット「SKIMA」CtoBに完全対応 新機能追加で個人と取引する企業が急増中!? ~経費削減のセミプロ主婦VS安心安全のプロの二極化~

 イラストマーケット「SKIMA」CtoBに完全対応
新機能追加で個人と取引する企業が急増中!?
~経費削減のセミプロ主婦VS安心安全のプロの二極化~

 スマートフォンWEB・アプリを手掛ける株式会社ビジュアルワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役:落水恒一郎)は、2018年3月5日よりデザイン・イラストのオーダーメイドマーケット「SKIMA(スキマ)」(https://skima.jp/lp)で、出品時の複数名でのトークルーム機能の追加、【出品者メニュー】【購入者メニュー】を新たに追加いたしました。新機能追加によって企業から個人へのイラスト発注がさらに加速することが見込まれます。
またTVでの報道にも御座いましたが、主婦や学生の副業でイラストを受託する方も急増しております。

 【 画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000169911&id=bodyimage1

 ■SKIMAとは
SKIMAはクリエイターに直接イラストを依頼できるオーダーメイドマーケットです。海外では当たり前になっている有償でイラストを描いてもらう文化「コミッション」を日本で広めることを一つのミッションにしています。最近では企業からの依頼も増えており、クリエイターの活躍できる場を広げています。
お金のやりとりはSKIMAが仲介するため、未払いや未納品などのトラブルを減らし、安心してご利用いただくことができます。
また、利用料は無料で取引あたりの手数料も一律15%と他サービスよりも安価な設定になっています。

 ■SKIMAクリエイターの傾向
SKIMAのクリエイターの中には、プロの第一線でご活躍しているイラストレーター様もいれば、最近報道で取り上げられるような主婦や学生の方で、安価でイラストを販売している副業のイラストレーター様も当然いらっしゃいます。類似のサービスの報道以降、副業でイラストコミッションを始める方が多く入会いただいている傾向が御座います。
また、利用料は無料で取引あたりの手数料も一律15%と他サービスよりも安価な設定になっており、副業としてより始めやすい状況になっているのも増加の要因です。

 【 画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000169911&id=bodyimage2

 ■今、企業が注目するCtoB
企業にとってのCtoBの最大のメリットは【経費の削減】です。ただ、納期遅延や技術力、責任感が無いなどデメリットも当然あります。ただ以前に比べて主婦や学生の方のクリエイティブが向上したこと、SKIMAのような仲介役が入ることによって、納期遅延、無責任感などのデメリットが比較的薄くなり、いま企業が注目をし始めていると思います。またSKIMAのようなサービスによって、イラストを依頼する事自体のハードルも下がっていると考えられます。実際にSKIMAでも企業様からのお問い合わせも増えてきております。
イラストの価格破壊が叫ばれる昨今、イラストレーターの真価が問われる時が来ているかもしれません。

 ■2018年2月に累計取引件数1万件を突破
2016年3月にWeb版をリリースし、1年11ヶ月で累計取引件数が1万件を突破しました。こちらは前年同月比300%増加を達成しております。また、出品数も1万5000件となっており順調に伸びをみせています。

 ■SKIMAの今後
日本でコミッション文化を広め、個人がクリエイターに対して気軽に安心してイラストを依頼できる環境を作っていき、コミッションするならSKIMAと言われる存在を目指していきます。
また、イラスト以外のクリエイターの方々にも選ばれるサービスになるように発展を進めていきます。

 サービス名:SKIMA(スキマ)
URL:https://skima.jp/lp
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id996833072?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.visualworks.skima

 【会社概要】
社名  株式会社ビジュアルワークス
所在地  東京都豊島区西池袋1-22-8池袋千歳ビル7F
代表者  落水 恒一郎
事業内容 モバイル公式コンテンツ企画運営/WEBコンテンツ運営

 【サービスに関するお問い合せ先】
担当:野澤(株式会社ビジュアルワークス)、TEL:03-5911-7316、Mail:info@skima.jp

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう