記事詳細

【株式フジ】政局の「その先」を読む動きも… 売られていた銘柄が出直り始め 推移見守りたい「JXTGHD」「三井金属鉱業」 (2/2ページ)

 そうなると、その後に実施されるであろう世論調査で、さらなる支持率低下が明らかになると想定…投資家はなかなかポジティブな行動が取れなくなるという構図です。

 「こんなことをいつまで続けているのか! 国政にはもっと大事なことがあるはずだ。それを優先させるべきだ」と憤ってみても仕方がありません。これが日本の政治なのです。

 「その先のこと」は必ず株式市場に表れます。すでに、ほんの少しだけ、そのような動きもあります。それは、これまで売られていた銘柄が出直り始めていることです。

 石油元売り首位の「JXTGHD(5020)」、非鉄大手の「三井金属鉱業(5706)」、鉄鋼大手の「JFEHD(5411)」などがそれです。ただ、明確な動きを見せるまでは、決めつけるのではなく、推移を見守るのがいいでしょう。(株式ジャーナリスト・天海源一郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう