記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】ビジネスプランコンテスト、受賞のポイントは 「どのようなプレゼンを?」 (1/2ページ)

 4月3日に実施した「夕刊フジ定年起業応援サロン」の第1回読者座談会では、「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018」に入賞したゲストスピーカーの海老名要一さん(64)に、参加者が質問を次々投げかけた。

 「提出する事業計画書には決められた書式があるんですか?」という質問に、海老名さんは「今回はありました」と答え、テキストを質問者に見せると、「これは役に立ちそうですね」と声が上がった。

 「ビジネスプランコンテストに入賞した人の起業率は?」という質問には「私には起業率はわからないです。でも、昨年入賞した人は起業の様子を地元のテレビなどマスコミに取り上げられたようです」。

 「コンテスト当日はどのようなプレゼンテーションをしたのですか?」という具体的な質問も出た。海老名さんは「時間内に収めることが必須なので表紙を入れて5枚程度のスライドでプレゼンテーションしました。リハーサルは10回ぐらいしましたよ。何度も時計を見ながら大変でした」と振り返った。

 起業に関心のあるシニア世代が、同世代の経験談を聞けるこうした機会は貴重だったようだ。メンバーは座談会終了後も場所を変えて大いに盛り上がっていた。

zakzakの最新情報を受け取ろう