記事詳細

【ネット騒然銘柄】「1円になる前に処分できたわ」のコメントも 虚偽記載で売り込まれる『ソルガム』

 東南アジアやメキシコでバイオ燃料の原料事業を展開するソルガム・ジャパン・ホールディングス(6636)。24日、2017年3月期の有価証券報告書の内容に虚偽記載があるとして、証券取引等監視委員会から強制調査を受けたことを発表。もともと赤字続きで株価は低迷していたが、翌25日にはそこからさらに売り込まれ、50円を割り込む事態となっている。

 大手株系掲示板では「1円になる前になんとか処分できたわ」「超低位のマネーゲームが始まるな」など、すでに上場廃止を既定路線とするコメントが続出。同社の将来性に注目して買っていたトレーダーの夢はすでに破れてしまったのかもしれない。

 商品先物事業の岡藤ホールディングス(8705)。21日に同業の日産証券(非上場)との資本・業務提携を発表して以来、株価が急騰している。2ちゃんねる上では「○○円で△万株買ったわ」「×万株売ってる」といったポジショントークが飛び交っているが、中にはそろそろ宴(うたげ)終了を予想する声も。二次会なしで早めの解散となるのか。(新井奈央)

 【2018年5月29日発行紙面から】

zakzakの最新情報を受け取ろう