記事詳細

【ネット騒然銘柄】ズーっと続くかZUU人気 上場翌日に公開価格の3.5倍、ネットでは買い煽りの書き込み多数

 ジメジメした日本の梅雨が続いている。そんな梅雨空を尻目に、カラッと晴れわたっているのがIPO(新規公開)市場だ。

 21日に上場した金融情報サービスのZUU(4387)は、公開価格1600円に対して上場初日の21日は値が付かず。翌22日に公開価格の3・5倍となる5550円で初値を付け、その後もストップ高となるなど人気を集めている。ネット上では、特に2ちゃんねる系の株板で「ズーの時代がくる!」「ズーっと上がるで」など買い煽りの書き込みが多数。市場に出回る株数が少ないこともあり、今後も何かと波乱の展開となりそうだ。

 やはり21日に上場となった中小企業経営支援のライトアップ(6580)。公開価格2820円に対して3725円の初値を付けたが、その後はズルズルと売られたため、ネット上では「ライトアップされたのは一瞬だったな」といったコメントが多くみられた。某大手掲示板では「ZUUに(人気が)食われたからこれから伸びるよ」と予想するトレーダーも。はたしてどちらが正しいか。(新井奈央)

 【2018年6月26日発行紙面から】