記事詳細

【ネット騒然銘柄】IPO人気に陰り? 「バンク・オブ・イノベーション」新規上場も…イナゴトレーダー大挙せず

 7月24日にネット上で比較的コメントを多く集めたのが、同日にマザーズに新規上場を果たしたバンク・オブ・イノベーション(4393)。事業内容が好物のはずの「スマホ向けのゲーム開発」であるだけに、1年前ならイナゴトレーダーが大挙して押し寄せたはずだ。ところが、上場初日に公開価格の約2倍であっさりと初値を記録した。

 やはり期待外れの感があるのか、2ちゃんねる系の株板では「初日くらい主役になれ(笑)」「バンクがパンク」などあきれ声が多数。ただ引けにかけて値を上げたため「明日は上がる」と手のひらを返すトレーダーも見受けられる。春先からIPO(新規公開)株市場は絶好調が続いてきたが、やや人気に陰りが出てきたか。

 AI(人工知能)やクラウドなど流行りの事業を複数掲げるネオス(3627)。13日に発表した第1四半期決算の好調を受けて株価が急騰している。大手株系掲示板で「(同社開発のゲームが)海外で420億円は稼ぐ」と胸を張って皮算用を披露するトレーダーも。皮算用は皮算用。自由である。(新井奈央)

 【2018年7月26日発行紙面から】