記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】いざ事業スタートも…事前にぶつかる壁 1人で進める場合は相談相手も必要 (1/2ページ)

 「かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018」で、「NPO向けICTを活用した広報セミナーの開催」で優秀賞を受賞した海老名要一さん(65)に、その後の事業の進捗についてお話を聞いた。すると、壁にぶつかり苦戦しているという。

 「1つめの理由は、事業スタートに向けて完成度を求めすぎている自分の性分です。銀座セカンドライフの片桐実央代表が、『商品やサービスの完成度を高めようとしすぎて、なかなか事業開始ができない人もいる』と指摘していましたが、まさにそのパターンですね」(海老名さん)

 海老名さんは、事業に使うサイト制作に必要なソフトウエアなどを買いそろえ、ウェブサイトに載せるコンテンツの基本仕様も決めたのだが、細部が気になってなかなか完成に至らない。そうしてウェブサイトの構築に手間取るうちに「常時SSL化」(ウェブサイトの安全性確保)などの課題に直面して、前に進まないとのことだ。1人で事業を進める場合は、時々相談できる相手がいないと行き詰まってしまうかもしれない、と海老名さんは言う。

 「2つめの理由は資金面です。そもそも、融資を受けて定年起業に向かうつもりではありませんでした。自己資金で小さくスタートする計画だったのです。毎月の収入計画を見定めて、リスクのない範囲で進めるつもりでした。ところが年金支給時期を勘違いしていまして、年金が入る時期が2カ月遅くなり、すぐに事業に注力できない状態なのです」

関連ニュース