記事詳細

【ネット騒然銘柄】「TATERU」よ、お前もか… 顧客データ改ざん発覚で連日S安

 TATERUよ、お前もか-。そんな声がローマから届きそうな事件が発覚した。アパート経営のTATERU(1435)。3日、銀行融資を受けやすくするために顧客の通帳を改ざんしていたことが発覚。株価は連日のストップ安となっている。これを受けて、ネット上では数千のコメントが集結。「これは予知できんわ」「関係ないのにシノケンまで売られててワロタ」など、不安や非難、嘲笑が飛び交っている。スルガ銀行もそうだが、最近は企業の根本に関わる不祥事があまりにも多い。いったいどうした日本企業。

 8月27日に武田薬品工業との技術ライセンス契約締結を発表したメドレックス(4586)。一時、株価は信用取引規制によって反落したが、4日には再び急反発に転じている。2ちゃんねるの株板では「全モ(全戻し)あるかもよ」「いまさら買うやつ(笑)」など、売り煽りと買い煽りが拮抗。株価は今年3月から半値以下に下がっているが、武田とのライセンス契約は材料として大きめなことは確かだ。反転攻勢なるか。(新井奈央)

 【2018年9月6日発行紙面から】

関連ニュース