記事詳細

【定年起業への挑戦 実践編】情報収集、計画策定…準備期間の「居場所」を持ちたい (1/2ページ)

 定年起業を検討中の方にお話を聞くとき、「居場所づくり」というキーワードがよく出てくる。定年退職すると家に居場所がなくなるという切実な問題がある。

 ただ、「定年になったら即起業しよう」と決意している人は多くはない。不安や迷いがある。起業について情報収集し、分析したり、思い悩んだりする「居場所」が欲しくなるのが普通だ。事業計画の策定などもしたいので、じっくり考え、書類を書いたりすることのできる場所が欲しいが、会社はむろん家や喫茶店ではやりづらいという声も多い。

 今、レンタルオフィスやコワーキングスペースなどが各地にできている。会社勤めの時には縁のない場所かもしれないが、ひょっとして、そんな人の「居場所」かもしれない。「レンタルオフィス」とは、月ぎめの経費を支払って、共用のデスクを自由に使うことができるもの。一人でじっくり考え事をしたり計画を練ったりするのに向いているだろう。

 電源やネット、複合機、会議室なども完備しており、契約したらすぐデスクが使える。多くは会員証などで出入りが管理される。東京では月額1万~2万円程度の施設が多く、個室を準備している施設もある。

 「コワーキングスペース」も、やはり月ぎめや単発利用料金で共用デスクを自由に使え、レンタルオフィスとよく似た仕組みで、明確に区分される定義はないが、利用者同士のコミュニティーづくりに力点がおかれ、若者が利用しやすい印象が強い。料金的には同じぐらいだが単発利用ができることも多い。

関連ニュース