記事詳細

【オーバーロクマル世代応援企業】“経験”積んだシニアの働き 「学んだ品質管理を若い人に伝えることも重要な仕事」 (1/2ページ)

★第12回「イートアンド」 

 この連載は、25年間で2万人の経営者と交流してきた人材採用コンサルタント会社・キイストンの細見昇市社長が、60代以上の就業に積極的な企業30社を選出。夕刊フジと共同で紹介・顕彰するものです。

 “羽根つき餃子”“ぷるもち水餃子”で知られる「大阪王将」やラーメンの「よってこや」などを全国435店舗(フランチャイズ店を含む)、海外53店舗で展開する「イートアンド」(東京都品川区、仲田浩康社長、https://www/eat-and.jp)。

 「社員とパートを合わせた従業員数は約1150人、定年は60歳ですが、以後は1年ごとの契約で上限はありません。シニア社員は3人ですが、皆さん経験を積み重ねた方ばかりです。また関西(大阪府枚方市)と関東(群馬県板倉町)の工場には800人弱のパート従業員が勤務していて60人ほどがシニアです」と営業本部の藤村健太氏。そのシニア社員の1人が関西工場で品質管理を担当している北畑幸治氏(61)だ。

 「勤めて約1年になります。週6日、8時45分から17時45分までの勤務です」。仕事は26歳の社員と2人で取り組んでいる。

関連ニュース