記事詳細

【ネット騒然銘柄】時代の寵児?「UUUM」が業績上方修正で急騰

 ユーチューバーのプロデュース業を手掛けるUUUM(3990)。11日の引け後に2019年5月期業績の上方修正を発表し、株価が急上昇した。大手株系掲示板では明日以降の株価について「多分まだ上がるって!」「おそらく下がるよ」など、自信なさげな書き込みが多い印象だ。マザーズ指数が大きく反発しているとはいえ、イナゴトレーダーたちもまだ相場の先行きに自信が持てないのだろう。

 中には、「ヒカキンのテレビでのトークがダメだったから株価も上がらない」などと、UUUM所属のトップユーチューバーにダメ出しをするトレーダーも。UUUMが時代を象徴する銘柄であることは確かで、当面は何かと話題を提供してくれそうである。

 15日は引き続きバイオ株が活況。オンコリスバイオファーマ(4588)の株価が急騰した。がんに関する米大学との治験契約締結が材料視されているようだ。もっとも、2ちゃんねる上には「いつS安するの?」という書き込みが相次いでいる。バイオ株の上昇が長期的に続くと真剣に考えるトレーダーはいない(はず)。(新井奈央)

 【2019年1月17日発行紙面から】

関連ニュース