記事詳細

【株式フジ】外国人投資家が好んで売買「電子部品株」に注目 日本電産、村田製作所、TDKなど (1/2ページ)

 急に東京市場が活気づいてます。日経平均は三連休前の8日(金)に418円安となったものの、週明けから切り返しています。12日(火)には531円高と今年最大の上げ幅を記録し、翌13日(水)には昨年12月19日以来の2万1000円台回復となりました。とくに外国人投資家が日本株を急に買い戻している様子が見て取れます。彼らが手掛けることが多い、大型株や流動性が高いグロース(成長)株が牽引(けんいん)役となっています。

 この背景としては「ソフトバンクグループ(9984)」が6日引け後に6000億円を上限とする自社株買いを発表し、7日に値幅制限いっぱいのストップ高まで買われたこと。さらに「ソニー(6758)」が8日朝に1000億円を上限とする、同社にとって初となる自社株買いを実施すると発表し、大幅高となったことが指摘できます。

 もちろん巨額自社株買いの実施情報を事前に知ることはできず、それを機に株価が急伸したわけですので、そのものを投資益に替えることは困難です。しかし、自社株買い=株主還元であり、とくに今回のように東京市場の中心的な企業がそれを実施し、株主還元への強い姿勢を示したことは、今後、追随する企業が相次ぐことを予見させ、広い意味で「好感」されることになります。株主還元策に敏感に反応するのは、間違いなく外国人投資家です。株主還元には主に「増配」と「自社株買い」がありますが、ダイレクトに株価に影響を及ぼす後者はよりインパクトが強いのです。

関連ニュース