記事詳細

【スマートライフ×リアルライフ】キャッシュレス決済、メリットと今後の課題は? (1/2ページ)

 今、世の中はキャッシュレス社会に向かってひたすら突き進んでいる。できるだけ現金を使わないで、買い物などの決済を電子的にすませようという動きだ。すでに日本では電車に乗るのにSuicaやICOCA、PASMOといったICカードを使うのは当たり前になってきているし、クレジットカードでの支払いも少しずつ浸透してきている。

 現金を使わないというのは不安だ、という気持ちが強い層がいるのも確かだ。だが、現金を使わないことで世の中のいろいろな仕組みは効率化する。

 たとえばコンビニでの買い物を考えてみよう。コンビニの支払いが電子マネーだけになったとする。そうすると、1日のある時点で売り上げの集計をする際に、現金と売り上げとの突き合わせをする必要がなくなる。また、釣り銭を用意したり、多額の現金を金庫で保管したり、売上金を銀行に預けに行く必要もない。面倒な仕事が減り、負担が軽減する。

 買う側にとっても、あらゆる決済が記録に残るので便利だ。これから確定申告のシーズンに入るが、使ったお金の動きがすべて一覧表にできればどんなに便利か想像してほしい。自分の使ったお金の内訳が一目瞭然なのだ。

 小さな個人商店にとっては、電子決済のための設備を導入するのは大きな負担だ。カード会社などへの手数料も負担にはなる。それでも、キャッシュレスになることで得られるメリットは大きい。

関連ニュース