記事詳細

【ネット騒然銘柄】SNS炎上で急落の憶測飛び交う「UUUM」

 ユーチューバープロデュース業のUUUM(3990)。15日に株価は一時ストップ安まで売られたが、ネット上では、同社所属外のユーチューバーが同社に対してネガティブツイートを連発したことが株価急落の発端になったとの憶測が飛び交った。SNSの炎上によって、SNSを監視する人工知能(AI)運用のファンドが同株を売りに出したというのである。

 ネット掲示板ではその憶測を信じるトレーダーの書き込みが続出する一方で、「それで株価急落なんて信じるやつがいてくそ笑う」など、デマを信じるトレーダーを卑下するツイートも多く見られる。SNS上に悪口が噴出しただけでAIが売りに出すなら、株価など簡単に操作できそうだ。

 15日は、3期連続の赤字と増資を発表した大塚家具(8186)の株価も急落。某株系掲示板では、「『会社を立ち直らせるのが私の責任』と言うが、お前が壊したんだろ」など、大塚久美子社長に対する非難が集中。大塚氏も胸中にいろいろな思いを抱えているだろうが現状はこう言われても仕方ないだろう。(新井奈央)

 【2019年2月19日発行紙面から】

関連ニュース