記事詳細

【ネット騒然銘柄】スマホゲーム株相場の再来? 「アエリア」ストップ高

 データセンターやスマホゲームなどを手掛けるアエリア(3758)。12日は前場から買いを集め、ストップ高で引けている。同日に女性向け恋愛ゲームの新作を発表したが、それ自体はストップ高するような材料とは思えない。11日には同業のgumi(3903)がストップ高したほか、2月半ば以降、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)の株価が上昇基調となるなど、ゲーム関連で値を上げる銘柄が散見される。

 株系掲示板では「ゲーム株始動や!」「バイオの次はゲーム来るかもな」など、ゲーム株相場再来への期待に胸を膨らませる書き込みが増加中。ただ、その一方で「どうせアエる(急騰直後に急落する)だろ」「空売りで爆益」など売り方のコメントも目立つ。

 スマホゲーム関連は2014年や17年に一大相場を形成したが、その後は人気が離散。長らく相場の圏外に置かれていた。激しい生存競争を経て、本当に体力や開発力のある会社だけ残りつつあるなら、ゲーム株の復活もあるかもしれない。(新井奈央)

 【2019年3月14日発行紙面から】

関連ニュース