記事詳細

【今日から始める10万円株】グーグル参入で盛り上がるゲーム関連 「ガンホー」「ケイブ」「enish」 (1/2ページ)

 米国のサンフランシスコで3月22日までゲームカンファレンス「GDC 2019」が行われた。ここでグーグルが新ゲーム・ストリーミング・サービス「Stadia」を発表し、ゲーム業界に本格参入することを明らかにしたことで、マーケットではゲーム関連株が物色されている。

 「過去にはソーシャルゲーム関連が相場を牽引していた時代がありました。最近では物色の蚊帳の外となっていたところにグーグルの発表があり、材料不足のマーケットで再注目されることになったのです」とは地場証券の株式ディーラー。

 今回のゲーム関連相場がどこまで続くのかは疑問だが、今後は折につけ、物色される可能性もありそう。今週の10万円株はゲーム関連株をピックアップしたい。

 まず、ゲーム関連といえば、真っ先に思い浮かぶ東証1部の「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」(3765)。2012年から13年にかけて、ゲーム関連銘柄物色の流れに乗った同社は、わずか1年間という短期間で株価100倍増を達成した。その後は、下値模索が続いていたが、今年に入り株価はリバウンド態勢を強めている。株価(1日)は416円、13年の高値からは約4分の1の水準だ。東証1部銘柄ということもあり、買い安心感もある。

関連ニュース