記事詳細

【ネット騒然銘柄】ゲームセクター復活の兆し? 新作発表の「アエリア」急騰

 株式市場では、バイオ関連株の花が散り、新たにゲーム関連株が開花しつつある。2日はオンコリスバイオファーマ(4588)がストップ安し、アンジェス(4563)も20%近く下落した。昨年末以降、株価が急騰するバイオ関連株が散見されたが、ここにきて粘っていた投資家も逃げ出しつつあるようだ。

 一方、数年ぶりに勢いを取り戻しつつあるのが、以前はイナゴトレーダーの大好物だったスマホゲーム関連。ケイブ(3760)やenish(3667)など、直近で値を伸ばす銘柄が目立ってきた。2日は、美少女声優育成ゲームの新作タイトルを発表したアエリア(3758)の株価が反発。株系掲示板のコメント数で上位にランクインした。

 ツイッター上では、「アエリアやる(相場を仕掛ける)つもり?」「アエリアからのゲーセク(ゲームセクター)カモン!」など、今後の上昇相場を期待するツイートが少なくない。まだ本相場に発展するかは不明だが、以前より材料に株価が反応しやすくなっているのは確かだろう。(新井奈央)

 【2019年4月4日発行紙面から】

関連ニュース