記事詳細

日産・スキラッチ副社長が近く辞任へ 経営戦略に影響も

 日産自動車の世界販売戦略を担当するダニエレ・スキラッチ副社長が近く辞任する見通しであることが16日、関係者への取材で分かった。電気自動車(EV)の事業戦略も担っており、経営戦略に影響が出る恐れがある。前会長カルロス・ゴーン容疑者が昨年11月に逮捕されてから、幹部の離脱が続き混乱は収まっていない。

 スキラッチ氏は既に上層部には辞意を伝えたとみられる。中国で開催中の上海国際モーターショーに出席した後、6月の定時株主総会の前にも辞任する見通し。日産の広報担当者は「コメントしない」としている。

 スキラッチ氏は2015年、トヨタ自動車からゴーン容疑者に引き抜かれ、副社長に就任した。17年からは、日本を含むアジア・オセアニア地域事業全体のトップも務める。辞任の理由は明らかではないが、ゴーン容疑者の逮捕直後に開く予定だった催しへの出席を固辞した経緯がある。混乱に巻き込まれるのを嫌がったとみられる。