記事詳細

東証、今年初5日続伸 中国景気期待で連日高値

 17日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前日比56円31銭高の2万2277円97銭で取引を終え、今年に入って初めて5営業日連続で上昇した。中国の景気減速が底を打ち、好転するとの期待から買い注文が広がった。終値は4営業日続けて今年の最高値を塗り替え、約4カ月半ぶりの水準を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)も4・22ポイント高の1630・68で今年の最高値を更新。出来高は12億7千万株だった。

 日米主要企業の好業績期待や円安を好感した買いが先行した。上海株が安く始まったことで平均株価も一時下げに転じたが、昼前に発表された中国の1~3月期の実質国内総生産(GDP)成長率が市場予想を上回ったことから、不安心理が後退して再び上昇した。日米貿易交渉で意見衝突が目立たなかったことも相場の支えになった。

 ただ、上値は限られた。財務省が17日発表した3月の貿易統計は対中輸出が前年同月比9・4%減だった。市場では中国の景気に関し「期待は広がったが、貿易などの実体経済で回復が示されなければ先行きを楽観視できない」(準大手証券)と慎重な見方もあった。